時代の流れを読む

スキルが高くても、キャリアがあっても転職というものは上手くいくとは限りません。
大切なのは今求められているのはどのような職業なのか、また職業の中で必要とされているスキルは何なのか、といったことをどれだけ知っていて、また対応が出来ているかといったことも関係しているように思います。
昔はそろばんが出来ていれば経理の仕事がありました。ですが時代が変わり、電卓が登場したことで誰もが簡単な経理事務は出来るようになりました。そしてパソコンを導入し、会計や経理ソフトを利用することで誰もが対応出来るようになってきました。
もちろん企業によっては経理業務に関してのスキルとして簿記の資格などを必要とすることもありますが、小さな商店や企業ではそこまで問題視していないのが現状です。
つまり専門職であっても時代によって便利な機器などが開発され、必要とされる能力が変化しているということです。
エンジニアに関しても同じです。
昔は通用したスキルがこれからの時代に通用するかどうかは分かりません。
ただシステムを構築したり管理するために必要とされていたシステムエンジニアも、現在ではインフラエンジニアの需要の方が上回ることがあるくらいです。
このような時代の流れを読むにはどのようなことに気を付けなくてはいけないのでしょうか。
日々のニュースにもヒントは隠されています。時代の流れがどのように変化しているのか、社会情勢をみることでおおよその見当がつくのです。
一番分かりやすい情報源としては、求人情報などに記載されている応募条件のスキルや資格などです。
もちろん仕事の内容によって若干の違いはありますが、目安にはなると思います。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*