専門職の変化と移り変わり

専門職と言われるエンジニアの仕事をしている人の転職は、一般職に比べて簡単そうに思います。技術職ですから、いくらでも転職先があるようなイメージを持ってしまいます。
ですがエンジニアの世界も年々変化していて、その仕事の分散化もあり、専門職の中で更に専門が分かれてしまっています。
エンジニアという言葉でくくると一つなのですが、IT業界で近年需要が高い職業としてはインフラエンジニアがあります。
以前と変わらずシステムエンジニアの需要も高いのですが、それよりもインフラの整備といったところに重点を置いた職業が注目されているのではないかと思います。
まずは足元をしっかり整備して、それからまた全体を考えるといった低コストな考え方なのかもしれません。
これはとてお大事な考え方で、しっかりとしたインフラエンジニアによって整備がされれば、その後にシステムの追加や変更といった変動が起きたときにも対応がしやすくなるのです。
しかも同じインフラエンジニアがその変動にも関わることが出来れば、全体像を描くことも出来ますから無駄なことがなく、しかも効率を追求したものが出来るのではないでしょうか。
これからはこのようなインフラエンジニアの仕事が増えてくるのではないかと思います。
今後、転職などを考える時に、今必要とされているインフラエンジニアのように、何が必要とされているのか、また必要とされる人材になるためにはどのようにすれば良いのか、といったことも考える必要があるのではないでしょうか。
その為には時代の流れや社会の流れにも敏感になっていなくてはいけませんし、新しい技術や機器に対しても情報に敏感になるように心がけておくことも大切かもしれません。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*